未分類

赤ちゃんの虫歯予防にキシリトールがオススメ!検診で虫歯なし!

以前こちらの記事でオススメさせていただいたタブレットUのキシリトール。

あれからずっと続けていまして、私的にとても良いと感じています。(デメリットも多少あるのでそれは別途紹介させていただきます。)

今回は1歳の子の虫歯予防について、私が娘に食べさせて続けているタブレットのキシリトールについて詳しくご紹介させていただきます。

タブレットUのキシリトール

私が娘に食べさせているのがこちらです。

画像は「ぶどうミックス味」ですが、全部で

・とれたてイチゴ味

・なめらかヨーグルト味

・ぷるりんぶどう味

・ふんわりピーチ味

・もぎたてりんごミックス味

・さわやかオレンジミックス味

・ぷるりんぶどうミックス味(上記画像がこの味です)

があるようです。

また、どの味を食べさせたら良いかわからない!という方のために

・おためしアソート(色々な味が少しずつ入っている)

もあるようです。

 

1歳の娘には「なめらかヨーグルト味」と「とれたてイチゴ味」、そして今回の「ぷるりんぶどうミックス味」を食べさせていますが、どの味も好きなようでした。

 

続けてわかったメリット

甘いもの好きでも虫歯にはなっていない

私の娘は偏食で、甘いものをたくさん食べていますが、今の所虫歯になっていません。

ご飯をあまり食べようとせず、私は最初「食べさせなきゃ!!」とイライラしながら頑張っていましたが、もう諦めて「食べれるものを楽しく食べられればいっか」精神になっています。

そのため、クリームが入った甘いお菓子やビスケット、芋けんぴ・・バナナ、パン、甘いものたっくさん与えてしまっています・・・。

歯磨きは夜寝る前に1回ですが、今の所虫歯になっていません。

意識していることは、この「タブレットU」なので、タブレットが効果ありそう!!と感じています。

美味しいので食べられる

何より子供が喜んで食べるので、毎日続けることができます。

タブレットのお菓子って大人が食べても美味しいですよね。大人が美味しいと感じるものは、やっぱり子供もわかるんですね。

私の娘はイチゴも食べないので、「タブレットのイチゴ味は食べないかなぁ・・」と思って試しに買いましたが、関係ないみたいでパクパク食べています。

噛む練習にもなる

タブレットはとにかく固いです!そのため、噛む練習にもなります。1歳ちょっと過ぎたころだと舐めて飲み込むかもしれませんが、1歳6ヶ月になると、ボリボリ噛んで食べています。

よくこの時期は「よく噛んで歯を鍛えましょう!顎を育てましょう!」と言われますが、タブレット、噛む練習になりますよ!

続けてわかったデメリット

子供がたくさん欲しがる

メリットが豊富なのですが、タブレット自体は美味しいので、子供はたくさん欲しがります。

パッケージの裏の注意書きには「1日3粒を目処に」と書かれていますが、3粒以上欲しがります。そのため、「これ以上食べちゃだめよ」と理解させるのが大変です。言っても伝わらないし、、、ほかのお菓子や飲み物で気を紛らわせますが、

「食べたい食べたい!!」とジェスチャーをしながらお菓子の場所から離れようとしない子供をみると、ちょっと申し訳なくなります。

1歳6ヶ月までの子には、割って与える必要があった

タブレットUは「1歳6ヶ月ごろから」と書かれています。

私の娘は歯が生え揃うのが早かったので1歳4ヶ月頃から食べさせはじめました。

が、最初は大きかったため、そのまま与えると「べっ」と口から出していました。

そのため、2つ3つに割って与えていましたが、その手間が若干面倒だなぁと私は感じていました。

1歳7ヶ月にもなると、割らなくてもボリボリ噛んで食べてくれるので楽になりましたが、与えるなら1歳6ヶ月くらいからがちょうど良いんだなぁと感じました。

まとめ

今回は「赤ちゃんの虫歯予防にキシリトールがオススメ!検診で虫歯なし!」ということで、私が1歳7ヶ月の娘に食べさせている「タブレットU キシリトール」について詳しく紹介させていただきました。

赤ちゃんの歯はできるだけ大事にしてあげたい。虫歯を予防したい、と考えているママは多いようです。赤ちゃんに合ったケアが見つかると良いですね!